宇都宮餃子や栃木の名産品通販『あるよ』は栃木の”食”を厳選

Pあるよポイント
menu
カテゴリ
2857
2
氷温寒熟鹿沼そば
https://aruyo21.jp/yonesoba/products/detail.php?product_id=2857
氷温とは、それぞれの食品が0℃から凍り始めるまでの温度域をさします。この温度域では凍るまいとする生態防御反応がおこり、たんぱく質から分解されて生じる旨み成分のアミノ酸・GAVA(ガンマアミノ酪酸)が増加し、鮮度を落とさず味わいや、風味を増加させます。「氷温寒熟鹿沼そば生」は、鹿沼産玄そばを最適な氷温域で60日以上熟成させた、社団法人氷温協会の氷温食品認定品です。<br><br> <img src="https://aruyo21.jp/sysimg/yonesoba/shop/002_00.jpg" /><br><br> <h4>鹿沼の地について・鹿沼そばとは?</h4> <strong>【鹿沼そばの背景】</strong><br /> 日光連山の麓、日光市、鹿沼市は、栃木県内随一のそばの生産地です。鹿沼市は、中・山間地のいくつもの沢が、特に良質なそばの生産と在来種の継承につながっています。<br /> 8月初旬から種を播き、9月中旬にはそばの花が一面に咲きます。10月下旬の初霜にあて旨みを増して収穫されます。古くからの「在来種」を継承し、小粒ならではの風味の良さは、収穫前の昼夜の寒暖差がもたらします。<br /> また、鹿沼市南摩地区、粟野地区では、特産の「麻」(野州麻紙)の収穫後にそばを蒔く伝統的な栽培方法が特徴です。(麻の後の土壌をそばがリセットすることで、うまいそばが育つ)</td><br /><br /> <strong>【鹿沼そばの挽き方】</strong><br /> 弊社、そば製粉は、九割ほど脱皮し、一割ほどを挽きぐるみ(そばの実本来のきれいな色目の中に、程良くそば殻の粒粒感がある挽き方)</td><br /><br /> <h4>米山そば製粉行程</h4> <img src="https://aruyo21.jp/sysimg/yonesoba/shop/002_07.jpg" /><br /><br /> <p><strong>【 玄そばの熟成と貯蔵 】</strong><br /> 米山そば工業では、原料の品質を一定に保つための、湿度や温度管理が整った場所で玄そばを熟成させております。また、製粉前に適切な水分量であるかどうかを検査するなどして品質管理を徹底しております。</p><br /> <p><strong>【 精選作業(ゴミを取り除きます。) 】</strong><br /> 玄そばには、石や小麦、茎片など細かいゴミが混入しております。ゴミを取り除くために精選作業を行います。専用の機械を利用して、全ての玄そばを精選し異物混入のない状態に仕上げます。</p><br /> <p><strong>【 脱皮作業・製粉作業(一番粉) 】</strong><br /> 精選された玄そばは、脱皮工程に入ります。自動的に脱皮されると同時に、割れてしまう実が発生します。 その際に玄そばの一番中心部にある一番粉だけが製粉されてまいります。 一番粉は、真白な粉でサラサラとしたそば粉となっており御膳そば粉(更科粉)と呼ばれます。</p><br /> <p><strong>【 製粉作業(二番粉・三番粉) 】</strong><br /> 二番粉、甘皮等の三番粉の製粉作業になります。玄ぞばは実の真ん中の一番粉が真っ白で香りが弱いのに対し、 実の周り(二番粉)や甘皮等の三番粉はそば香りが強いのが特徴です。</p><br /> <p><strong>【 篩にかけます。 】</strong><br /> 手篩にかけ、それぞれを混ぜ合わせます。のどこし、香り、風味のバランスのよいそば粉に仕上げます。 米山そばのそば粉はこのような工程を経て完成いたします。</p><br />
https://aruyo21.jp/yonesoba/upload/save_image/04231919_5addb3330c15f.jpg
主食・惣菜
麺類
そば
756
氷温とは、それぞれの食品が0℃から凍り始めるまでの温度域をさします。この温度域では凍るまいとする生態防御反応がおこり、たんぱく質から分解されて生じる旨み成分のアミノ酸・GAVA(ガンマアミノ酪酸)が増加し、鮮度を落とさず味わいや、風味を増加させます。「氷温寒熟鹿沼そば生」は、鹿沼産玄そばを最適な氷温域で60日以上熟成させた、社団法人氷温協会の氷温食品認定品です。<br><br> <img src="https://aruyo21.jp/sysimg/yonesoba/shop/002_00.jpg" /><br><br> <h4>鹿沼の地について・鹿沼そばとは?</h4> <strong>【鹿沼そばの背景】</strong><br /> 日光連山の麓、日光市、鹿沼市は、栃木県内随一のそばの生産地です。鹿沼市は、中・山間地のいくつもの沢が、特に良質なそばの生産と在来種の継承につながっています。<br /> 8月初旬から種を播き、9月中旬にはそばの花が一面に咲きます。10月下旬の初霜にあて旨みを増して収穫されます。古くからの「在来種」を継承し、小粒ならではの風味の良さは、収穫前の昼夜の寒暖差がもたらします。<br /> また、鹿沼市南摩地区、粟野地区では、特産の「麻」(野州麻紙)の収穫後にそばを蒔く伝統的な栽培方法が特徴です。(麻の後の土壌をそばがリセットすることで、うまいそばが育つ)</td><br /><br /> <strong>【鹿沼そばの挽き方】</strong><br /> 弊社、そば製粉は、九割ほど脱皮し、一割ほどを挽きぐるみ(そばの実本来のきれいな色目の中に、程良くそば殻の粒粒感がある挽き方)</td><br /><br /> <h4>米山そば製粉行程</h4> <img src="https://aruyo21.jp/sysimg/yonesoba/shop/002_07.jpg" /><br /><br /> <p><strong>【 玄そばの熟成と貯蔵 】</strong><br /> 米山そば工業では、原料の品質を一定に保つための、湿度や温度管理が整った場所で玄そばを熟成させております。また、製粉前に適切な水分量であるかどうかを検査するなどして品質管理を徹底しております。</p><br /> <p><strong>【 精選作業(ゴミを取り除きます。) 】</strong><br /> 玄そばには、石や小麦、茎片など細かいゴミが混入しております。ゴミを取り除くために精選作業を行います。専用の機械を利用して、全ての玄そばを精選し異物混入のない状態に仕上げます。</p><br /> <p><strong>【 脱皮作業・製粉作業(一番粉) 】</strong><br /> 精選された玄そばは、脱皮工程に入ります。自動的に脱皮されると同時に、割れてしまう実が発生します。 その際に玄そばの一番中心部にある一番粉だけが製粉されてまいります。 一番粉は、真白な粉でサラサラとしたそば粉となっており御膳そば粉(更科粉)と呼ばれます。</p><br /> <p><strong>【 製粉作業(二番粉・三番粉) 】</strong><br /> 二番粉、甘皮等の三番粉の製粉作業になります。玄ぞばは実の真ん中の一番粉が真っ白で香りが弱いのに対し、 実の周り(二番粉)や甘皮等の三番粉はそば香りが強いのが特徴です。</p><br /> <p><strong>【 篩にかけます。 】</strong><br /> 手篩にかけ、それぞれを混ぜ合わせます。のどこし、香り、風味のバランスのよいそば粉に仕上げます。 米山そばのそば粉はこのような工程を経て完成いたします。</p><br />
10

氷温寒熟鹿沼そば

  • 氷温寒熟鹿沼そば
  • 氷温寒熟鹿沼そば
米山そば そば問屋 治平庵
氷温寒熟鹿沼そば
レビュー5.0(1)
販売価格  756 円(税込)
決済方法 代金引換 銀行振込
商品番号
2857
お届け料
送料は別途かかります
配送日時指定
6日後~日時指定可
発送元
この商品は米山そば そば問屋 治平庵が発送します
ポイント
通常 7 ポイント獲得
在庫
このエントリーをはてなブックマークに追加

購入数

商品詳細

お届け方法
ヤマト運輸 クール便(冷蔵)
名称
生蕎麦
賞味期限
製造日より8日間
※ゆで時間目安:2分
保存方法
要冷蔵10度以下で保存
内容量
400g(めん260g)二人前つゆ付
原材料
そば粉(栃木県産)
アレルギー
そば、小麦、山芋
栄養成分表示
原産地
製造者
【製造】
栃木県鹿沼市武子1900-5
米山そば工業 株式会社
TEL:0289-65-3531
備考
「氷温寒熟鹿沼そば生」は、鹿沼産玄そばを最適な氷温域で60日以上熟成させた、社団法人氷温協会の氷温食品認定品です。

商品の説明

氷温とは、それぞれの食品が0℃から凍り始めるまでの温度域をさします。この温度域では凍るまいとする生態防御反応がおこり、たんぱく質から分解されて生じる旨み成分のアミノ酸・GAVA(ガンマアミノ酪酸)が増加し、鮮度を落とさず味わいや、風味を増加させます。「氷温寒熟鹿沼そば生」は、鹿沼産玄そばを最適な氷温域で60日以上熟成させた、社団法人氷温協会の氷温食品認定品です。



鹿沼の地について・鹿沼そばとは?

【鹿沼そばの背景】
日光連山の麓、日光市、鹿沼市は、栃木県内随一のそばの生産地です。鹿沼市は、中・山間地のいくつもの沢が、特に良質なそばの生産と在来種の継承につながっています。
8月初旬から種を播き、9月中旬にはそばの花が一面に咲きます。10月下旬の初霜にあて旨みを増して収穫されます。古くからの「在来種」を継承し、小粒ならではの風味の良さは、収穫前の昼夜の寒暖差がもたらします。
また、鹿沼市南摩地区、粟野地区では、特産の「麻」(野州麻紙)の収穫後にそばを蒔く伝統的な栽培方法が特徴です。(麻の後の土壌をそばがリセットすることで、うまいそばが育つ)

【鹿沼そばの挽き方】
弊社、そば製粉は、九割ほど脱皮し、一割ほどを挽きぐるみ(そばの実本来のきれいな色目の中に、程良くそば殻の粒粒感がある挽き方)

米山そば製粉行程



【 玄そばの熟成と貯蔵 】
米山そば工業では、原料の品質を一定に保つための、湿度や温度管理が整った場所で玄そばを熟成させております。また、製粉前に適切な水分量であるかどうかを検査するなどして品質管理を徹底しております。


【 精選作業(ゴミを取り除きます。) 】
玄そばには、石や小麦、茎片など細かいゴミが混入しております。ゴミを取り除くために精選作業を行います。専用の機械を利用して、全ての玄そばを精選し異物混入のない状態に仕上げます。


【 脱皮作業・製粉作業(一番粉) 】
精選された玄そばは、脱皮工程に入ります。自動的に脱皮されると同時に、割れてしまう実が発生します。 その際に玄そばの一番中心部にある一番粉だけが製粉されてまいります。 一番粉は、真白な粉でサラサラとしたそば粉となっており御膳そば粉(更科粉)と呼ばれます。


【 製粉作業(二番粉・三番粉) 】
二番粉、甘皮等の三番粉の製粉作業になります。玄ぞばは実の真ん中の一番粉が真っ白で香りが弱いのに対し、 実の周り(二番粉)や甘皮等の三番粉はそば香りが強いのが特徴です。


【 篩にかけます。 】
手篩にかけ、それぞれを混ぜ合わせます。のどこし、香り、風味のバランスのよいそば粉に仕上げます。 米山そばのそば粉はこのような工程を経て完成いたします。


商品の感想

  • 氷温寒熟鹿沼そば総レビュー数 1件

    鹿沼といえば鹿沼そば

    美味しい蕎麦を探していた時にこちらを見つけました。遠くに住んでいる蕎麦大好きな親戚に栃木の蕎麦が食べてみたいと言われ注文しました。外食もなかなか出来ず残念がっていましたが、久し振りに美味しい蕎麦を、それも生そばを食べれられたととても喜んで貰えました。
    栃木産の鹿沼そば粉を使っているのでお土産にもいいなと思いました。

    のののさん 30代  女性 栃木県 [購入者] 投稿日:2021-02-04

    • 家庭用
    • 食事・普段使い
    • リピート

    評価

最近チェックした商品

2022年8月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

定休日 発送不可日

2022年9月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

定休日 発送不可日

氷温寒熟鹿沼そば
販売価格 756 円(税込)