宇都宮餃子や栃木の名産品通販『あるよ』は栃木の”食”を厳選

Pあるよポイント
menu
カテゴリ
2005
2
五年味噌のだいこん一本漬
http://aruyo21.jp/teshiko/products/detail.php?product_id=2005
<img src="/sysimg/teshiko/shop/005_00.jpg" width="680" /> <h4> 五年も土蔵で眠っていた味噌と&rdquo;だいこん&rdquo;の出逢い!</h4> <p> 江戸後期からある土蔵で、じっくり寝かせた味噌で漬けた&rdquo;だいこん&rdquo;は格別。</p> <img src="/sysimg/teshiko/shop/005_01.jpg" width="680" /> <h4> 「即、完売」が、もはや常識となってしまった「あこがれの漬物」。</h4> <p> デパート、全国物産展、どこで販売しても、早い時間に完売してしまう天志古「五年味噌だいこん一本漬」。<br> お客様から「あこがれの漬物」と呼ばれるその秘密は、厳選素材と、機械を一切使わない、徹底した「手づくり」へのこだわりにあります。まず、だいこんは「北海道」から「三浦」まで、その季節のベストの産地からのこだわり直送です。そのだいこんを、五年間、土蔵の中で、じっくり「その時」を待った、栃木産原料100%の「たまり味噌」と、沖縄から届く「海水塩」と「黒砂糖」、そして信じられないくらいの量の「北海道産昆布」を手作業で粉末にしたものに、漬け込んでいきます。 だいこん一本一本に、手作業で味噌をつけ、0℃の冷蔵庫で50日も寝かせます。その間、新しい味噌に付け替えること5回。他の漬物屋さんから見ると、あきれるくらいの手間と時間をかけて、ようやく完成となります。 地元の大学病院でも患者さんに大人気なのは、4%というギリギリまで「塩低」にこだわったからこそ。これぞ、ホンモノの漬物です。 今まで美味しい漬物に出会ったことがないという皆さま、この機会にぜひ、超こだわりの天志古「五年味噌だいこん一本漬」ご賞味ください。</p> <h4> 全国むらおこし特産品コンテストで「グランプリ審査員特別賞」受賞。</h4> <p> 日本全国から1000社以上の商品が集まり、自慢の品の 「ウマさ」を競う、経済産業省が主催する「全国むらおこし特産品コンテスト」に出品。 審査員は、大学教授、グルメ紹介サイト社長、テレビでも人気の有名料理人やグルメ記事のライターなど、そうそうたるメンバーから構成されています。 その激戦の中から、2010年11月、 天志古の五年味噌だいこん一本漬が「グランプリ審査員特別賞」を受賞! 日本という国が認めた、2010年、日本一の漬物です。 </p> <h4> <b>受賞理由は「忘れられない漬物」だから。</b></h4> <p> 全国に漬物なんて、星の数ほどあります。<br> その中で、どうして天志古の「だいこん一本漬」が受賞できたのか? 審査員長コメントに「魂がふるえた。日本人の【DNA】が訴えかけてくる。 一度食べたら忘れられない漬物だ」とありました。生まれ故郷の景色が、何かのきっかけで、ある日突然よみがえってくるように、この天志古「だいこん一本漬」を食べると、 日本人であることを、そして日本人に生まれて良かったということを、誰もが思っていただけると確信しています。 「忘れられない漬物」は、一度口にした人の心に、最高の思い出として刻み込まれることでしょう。 </p> <h4> 徹底的に拘りぬいた国産の旬の原料。そして全てが手づくり。</h4> <p> 「素材の力で勝負する」<br> 野菜が美味しくなければ、漬物は美味しいはずがない。美味しい野菜...、すごく当たり前のことですが、実はコレが一番 難しいのです。世の中の漬物の大多数は、「塩漬け」された野菜を「塩出し」して、それを調味液に漬けていきます。 しかし、「塩漬け」野菜には、野菜本来のウマみはほとんど残されていませんから、ありとあらゆる調味料を入れ、 バランスをとっていきます。だから「野菜のウマさ」はみつけることすら難しくなっています。それでも生産コストや 商品管理の難しさから、「生」の漬物は、どんどん姿を消していっています。そんな中、天志古は、漬物業界の「当たり前」 を全面的に覆す商品づくりにこだわりました。</p> <br> <li> <p> 使用する野菜は全て産地直送の生野菜</p> </li> <li> <p> 原料は一流品しか使わない</p> </li> <li> <p> 機会を使わず、全て工程を手づくりに</p> </li> <li> <p> 保存料を一切使わず、0℃以下の氷温で漬け込む</p> </li> <li> <p> 加熱処理を行わないため、生野菜の食感・風味をそのままに</p> </li> <br />
http://aruyo21.jp/teshiko/upload/save_image/06031531_5b138b316dd53.jpg
主食・惣菜
湯波・漬物
漬物
イベント・特集
店舗イチオシ
人気NO.1
1188
<img src="/sysimg/teshiko/shop/005_00.jpg" width="680" /> <h4> 五年も土蔵で眠っていた味噌と&rdquo;だいこん&rdquo;の出逢い!</h4> <p> 江戸後期からある土蔵で、じっくり寝かせた味噌で漬けた&rdquo;だいこん&rdquo;は格別。</p> <img src="/sysimg/teshiko/shop/005_01.jpg" width="680" /> <h4> 「即、完売」が、もはや常識となってしまった「あこがれの漬物」。</h4> <p> デパート、全国物産展、どこで販売しても、早い時間に完売してしまう天志古「五年味噌だいこん一本漬」。<br> お客様から「あこがれの漬物」と呼ばれるその秘密は、厳選素材と、機械を一切使わない、徹底した「手づくり」へのこだわりにあります。まず、だいこんは「北海道」から「三浦」まで、その季節のベストの産地からのこだわり直送です。そのだいこんを、五年間、土蔵の中で、じっくり「その時」を待った、栃木産原料100%の「たまり味噌」と、沖縄から届く「海水塩」と「黒砂糖」、そして信じられないくらいの量の「北海道産昆布」を手作業で粉末にしたものに、漬け込んでいきます。 だいこん一本一本に、手作業で味噌をつけ、0℃の冷蔵庫で50日も寝かせます。その間、新しい味噌に付け替えること5回。他の漬物屋さんから見ると、あきれるくらいの手間と時間をかけて、ようやく完成となります。 地元の大学病院でも患者さんに大人気なのは、4%というギリギリまで「塩低」にこだわったからこそ。これぞ、ホンモノの漬物です。 今まで美味しい漬物に出会ったことがないという皆さま、この機会にぜひ、超こだわりの天志古「五年味噌だいこん一本漬」ご賞味ください。</p> <h4> 全国むらおこし特産品コンテストで「グランプリ審査員特別賞」受賞。</h4> <p> 日本全国から1000社以上の商品が集まり、自慢の品の 「ウマさ」を競う、経済産業省が主催する「全国むらおこし特産品コンテスト」に出品。 審査員は、大学教授、グルメ紹介サイト社長、テレビでも人気の有名料理人やグルメ記事のライターなど、そうそうたるメンバーから構成されています。 その激戦の中から、2010年11月、 天志古の五年味噌だいこん一本漬が「グランプリ審査員特別賞」を受賞! 日本という国が認めた、2010年、日本一の漬物です。 </p> <h4> <b>受賞理由は「忘れられない漬物」だから。</b></h4> <p> 全国に漬物なんて、星の数ほどあります。<br> その中で、どうして天志古の「だいこん一本漬」が受賞できたのか? 審査員長コメントに「魂がふるえた。日本人の【DNA】が訴えかけてくる。 一度食べたら忘れられない漬物だ」とありました。生まれ故郷の景色が、何かのきっかけで、ある日突然よみがえってくるように、この天志古「だいこん一本漬」を食べると、 日本人であることを、そして日本人に生まれて良かったということを、誰もが思っていただけると確信しています。 「忘れられない漬物」は、一度口にした人の心に、最高の思い出として刻み込まれることでしょう。 </p> <h4> 徹底的に拘りぬいた国産の旬の原料。そして全てが手づくり。</h4> <p> 「素材の力で勝負する」<br> 野菜が美味しくなければ、漬物は美味しいはずがない。美味しい野菜...、すごく当たり前のことですが、実はコレが一番 難しいのです。世の中の漬物の大多数は、「塩漬け」された野菜を「塩出し」して、それを調味液に漬けていきます。 しかし、「塩漬け」野菜には、野菜本来のウマみはほとんど残されていませんから、ありとあらゆる調味料を入れ、 バランスをとっていきます。だから「野菜のウマさ」はみつけることすら難しくなっています。それでも生産コストや 商品管理の難しさから、「生」の漬物は、どんどん姿を消していっています。そんな中、天志古は、漬物業界の「当たり前」 を全面的に覆す商品づくりにこだわりました。</p> <br> <li> <p> 使用する野菜は全て産地直送の生野菜</p> </li> <li> <p> 原料は一流品しか使わない</p> </li> <li> <p> 機会を使わず、全て工程を手づくりに</p> </li> <li> <p> 保存料を一切使わず、0℃以下の氷温で漬け込む</p> </li> <li> <p> 加熱処理を行わないため、生野菜の食感・風味をそのままに</p> </li> <br />
10

五年味噌のだいこん一本漬

  • 五年味噌のだいこん一本漬
  • 五年味噌のだいこん一本漬
人気商品
天志古商店
五年味噌のだいこん一本漬
レビュー-(-)
販売価格  1,188~1,404 円(税込)
決済方法 代金引換 銀行振込 郵便振替
商品番号
5050200594002~5996200592009
お届け料
送料は別途かかります
配送日時指定
6日後~日時指定可
発送元
この商品は天志古商店が発送します
ポイント
通常 11~13 ポイント獲得
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品バリエーション

在庫
在庫
在庫

購入数

商品詳細

お届け方法
クール便(チルド)
名称
五年味噌のだいこん一本漬
賞味期限
製造日より40日
保存方法
直射日光、高温多湿を避けて保存。
開封後は冷蔵庫にて保存し、なるべく早くお召し上がりください。
内容量
【小】600g以上
【中】700g以上
【大】800g以上
原材料
・だいこん(1月~4月は神奈川県・三浦産、5月~6月は栃木県産、7月~12月は北海道産)
・米(栃木産コシヒカリ)100%使用
・大豆(栃木県産タチナガハ)100%使用
・黒糖(沖縄県産)100%使用
・昆布(北海道・利尻産)100%使用
※昆布は最高級ブランド「奥井海生堂」のものを100%使用
アレルギー
大豆
栄養成分表示
原産地
製造者
※サイズはご希望に添えない場合がございます。
【製造】
有限会社天志古商店
栃木県下都賀郡壬生町上稲葉1761-3
電話番号:0282-82-0101
備考

商品の説明

五年味噌のだいこん一本漬 【小】 600g以上



五年も土蔵で眠っていた味噌と”だいこん”の出逢い!

江戸後期からある土蔵で、じっくり寝かせた味噌で漬けた”だいこん”は格別。

「即、完売」が、もはや常識となってしまった「あこがれの漬物」。

デパート、全国物産展、どこで販売しても、早い時間に完売してしまう天志古「五年味噌だいこん一本漬」。
お客様から「あこがれの漬物」と呼ばれるその秘密は、厳選素材と、機械を一切使わない、徹底した「手づくり」へのこだわりにあります。まず、だいこんは「北海道」から「三浦」まで、その季節のベストの産地からのこだわり直送です。そのだいこんを、五年間、土蔵の中で、じっくり「その時」を待った、栃木産原料100%の「たまり味噌」と、沖縄から届く「海水塩」と「黒砂糖」、そして信じられないくらいの量の「北海道産昆布」を手作業で粉末にしたものに、漬け込んでいきます。 だいこん一本一本に、手作業で味噌をつけ、0℃の冷蔵庫で50日も寝かせます。その間、新しい味噌に付け替えること5回。他の漬物屋さんから見ると、あきれるくらいの手間と時間をかけて、ようやく完成となります。 地元の大学病院でも患者さんに大人気なのは、4%というギリギリまで「塩低」にこだわったからこそ。これぞ、ホンモノの漬物です。 今まで美味しい漬物に出会ったことがないという皆さま、この機会にぜひ、超こだわりの天志古「五年味噌だいこん一本漬」ご賞味ください。

全国むらおこし特産品コンテストで「グランプリ審査員特別賞」受賞。

日本全国から1000社以上の商品が集まり、自慢の品の 「ウマさ」を競う、経済産業省が主催する「全国むらおこし特産品コンテスト」に出品。 審査員は、大学教授、グルメ紹介サイト社長、テレビでも人気の有名料理人やグルメ記事のライターなど、そうそうたるメンバーから構成されています。 その激戦の中から、2010年11月、 天志古の五年味噌だいこん一本漬が「グランプリ審査員特別賞」を受賞! 日本という国が認めた、2010年、日本一の漬物です。

受賞理由は「忘れられない漬物」だから。

全国に漬物なんて、星の数ほどあります。
その中で、どうして天志古の「だいこん一本漬」が受賞できたのか? 審査員長コメントに「魂がふるえた。日本人の【DNA】が訴えかけてくる。 一度食べたら忘れられない漬物だ」とありました。生まれ故郷の景色が、何かのきっかけで、ある日突然よみがえってくるように、この天志古「だいこん一本漬」を食べると、 日本人であることを、そして日本人に生まれて良かったということを、誰もが思っていただけると確信しています。 「忘れられない漬物」は、一度口にした人の心に、最高の思い出として刻み込まれることでしょう。

徹底的に拘りぬいた国産の旬の原料。そして全てが手づくり。

「素材の力で勝負する」
野菜が美味しくなければ、漬物は美味しいはずがない。美味しい野菜...、すごく当たり前のことですが、実はコレが一番 難しいのです。世の中の漬物の大多数は、「塩漬け」された野菜を「塩出し」して、それを調味液に漬けていきます。 しかし、「塩漬け」野菜には、野菜本来のウマみはほとんど残されていませんから、ありとあらゆる調味料を入れ、 バランスをとっていきます。だから「野菜のウマさ」はみつけることすら難しくなっています。それでも生産コストや 商品管理の難しさから、「生」の漬物は、どんどん姿を消していっています。そんな中、天志古は、漬物業界の「当たり前」 を全面的に覆す商品づくりにこだわりました。


  • 使用する野菜は全て産地直送の生野菜

  • 原料は一流品しか使わない

  • 機会を使わず、全て工程を手づくりに

  • 保存料を一切使わず、0℃以下の氷温で漬け込む

  • 加熱処理を行わないため、生野菜の食感・風味をそのままに


  • 最近チェックした商品

    2020年2月の定休日
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    2020年3月の定休日
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    五年味噌のだいこん一本漬
    販売価格 1,188~1,404 円(税込)