烏山製茶工場

営業日カレンダー

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

この日は定休日です



SSLとは?

那須野紅茶 さくら (40g)

【春限定・数量限定】


生産量が少ないため、お1人様2袋までのご購入とさせて頂きます。なくなり次第終了となりますので、ご注文はお早めにお願いします。

栃木生まれの和紅茶

🌸さくら🌸の葉と花をブレンドした春限定の和紅茶です。ふんわりと優しい春の香りが口の中に広がります。今年も美味しく出来上がりました。

【紅茶の美味しい入れ方】

熱湯で3分~4分程度蒸らしてからお飲みください。

商品番号 013
商品名 那須野紅茶 さくら (40g)
お届け料 送料は別途かかります
納品日 5日後~(営業日注文)
レビュー レビューはありません レビューを書いて10ポイント獲得
ポイント 6ポイント獲得

販売価格:650円(税込)

数量

かごに入れる

この商品について問い合わせる

お支払い・送料

【烏山製茶工場】

お届け方法 ヤマト 普通便(常温)
名称 那須野紅茶 さくら
賞味期限
保存方法 高温多湿を避けて保存
内容量 40g
原材料 茶葉(原産地:栃木県)
桜葉(原産地:静岡県)
桜花(原産地:長野県)
アレルギー
備考

当工場で紅茶をつくりはじめて今年で14年になります。最初の2年間は製造だけで販売はせず試行錯誤を繰り返しましたが、近年はやっと安定した味わいが出せるようになってまいりました。
栃木で紅茶つくりをしていると言うとびっくりする方がほとんどです。静岡や九州などの大産地ならともかく、なぜ茶栽培に北限近い、しかも茶産地としては小規模の栃木で?と思うのは当然かもしれません。よっぽど奇特な人なのか、話題作りにやっているのかと思う方もいるかもしれません。
ではなぜ、栃木で紅茶つくりをはじめたのか。理由は簡単です。この地域の茶葉が紅茶に向いているから。
寒暖の差が大きく、冬場は霧が降りるなど厳しい気候条件下で育つ栃木の茶葉は寒さに負けないようタンニン(カテキン)という成分を多く含みます。
タンニンは渋みの成分ですが、実は紅茶つくりに必要な醗酵の酵素の役割をするのです。また旨味成分を多く含む品種(やぶきた種)なので、旨味、甘みのある紅茶ができます。
那珂川町の管理茶園についても山間の傾斜地で水はけがよく質の高い茶葉が収穫できます。自分たちで管理栽培することで茶葉の摘みどきを逃さないというのも利点です。

紅茶は気候風土の違いで香りや味わいが違ってきます。
栃木生まれの和紅茶、那須野紅茶は栃木の気候風土にあった紅茶つくりがコンセプトです。他国他産地を真似る事なく、この地の茶葉と向き合い、この地の茶葉の特徴を識ることで和紅茶特有の甘みと渋みが融合した優しい味わいの紅茶が出来上がりましたできあががりました。
新茶の価値が高いとする常識の中、熟成という概念を取り入れたり、生姜など和の素材をブレンドしたりするのも和紅茶の特徴を活かした成果のひとつです。
まだまだやりたいことや、やりたりないことがたくさんあります。
紅茶つくりに完成はありません。これからも美味しい紅茶がつくれるように勉強していきたいと思います。

生産者:清水 和行