宇都宮みんみん

営業日カレンダー

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2018年1月

 

1

2

3

4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

この日は定休日です

宇都宮みんみん 発送係
1/1~3を除き年中無休
※店舗は異なります。


SSLとは?

『宇都宮みんみん』は、昭和33年創業の餃子専門店になります。【宇都宮餃子会加盟店】

あるよがオススメする理由として、宇都宮市民が当時から食べている餃子は、今でも「安くて美味しい庶民の味・まさに宇都宮餃子」だからです。

「あるよ」が『宇都宮みんみん』のニンニクの秘密を教えます

白菜をたっぷり使いキャベツは少なめの、肉より野菜が多いあっさりした餃子は、 ほんの少し使っているニンニクと野菜の甘みたっぷりな、飽きのこない餃子です。
ニンニクは創業時から餃子に入れていますが、そもそも中国ではニンニクを入れません。
宇都宮みんみんでは10年くらいかけてニンニクを使っても臭みを抑え、旨みだけが残るおいしい餃子を開発しました。

■宇都宮みんみんの歩み

■店舗案内


宇都宮みんみん全商品

表示方法 :画像あり | 画像なし 表示件数 :20件 |  40件 |  80件
並び替え :新着順 | おすすめ順 | 価格安い順 | 価格高い順

冷凍生餃子

冷凍生餃子

2,188円(税込)~


昭和33年創業 宇都宮餃子の老舗 【送料込】


最新レビュー5件

冷凍生餃子 (総レビュー数98件)
投稿日:2017/12/09評価:☆☆☆☆☆
よしたかさん 50代 男性 栃木県 [購入者]

毎年、四国の友人にお歳暮として送っています。美味しいと言って大変喜んでくれています。

目的プレゼント  誰に友人へ  回数リピート

冷凍生餃子 (総レビュー数98件)
投稿日:2017/12/07評価:☆☆☆☆☆
カー君さん 60代 男性 愛知県 [購入者]

以前、日光に行ったとき食べたところ非常においしかった。今年はふるさと納税でも宇都宮市に寄付させてもらって、「みんみんの餃子」頂きました。

目的食事、普段使い  誰に家族用  回数リピート

冷凍生餃子 (総レビュー数98件)
投稿日:2017/12/06評価:☆☆☆☆☆
殿さん 50代 男性 埼玉県 [購入者]

餃子ならみんみんと決めています!
以前も利用したことがあり、好評だったので今回もお願いすることにしました。

目的プレゼント  誰に親戚へ  回数リピート

冷凍生餃子 (総レビュー数98件)
投稿日:2017/12/01評価:☆☆☆☆
お猿さん 40代 男性 神奈川県 [購入者]

お歳暮の時期に毎年贈っています。とても、喜んでもらえています。

目的プレゼント  誰に仕事関係へ  回数リピート

冷凍生餃子 (総レビュー数98件)
投稿日:2017/11/29評価:☆☆☆☆☆
ユキポン2017さん 60代 男性 静岡県 [購入者]

昔、宇都宮で食べまくった餃子です。お店で食べるのが1番でしたが、引っ越しして自宅でもあの時の味を食べられるので、お勧めです。

目的食事、普段使い  誰に自分用  回数リピート


通販『あるよ』アワー vol.13
宇都宮みんみんの焼餃子・水餃子の作り方、食べ方を本店で教えてもらいました。2012年1月23日放送



■創業者
昭和18年、宇都宮みんみんの創業者鹿妻三子と子供たち。当時の鹿妻家は、北京のワンフーチン地区に住んでいた。このときに現地の人からならった家庭料理の一つが、餃子だった。

■はじまり
宇都宮みんみんの前身だった「ハウザー」(下)。
写真は昭和30年頃のもの。『天津餃子』の貼紙が見える。
中国の家庭料理である餃子は、当時の中華料理店では出すところも少なく、あまり一般的ではなかったが、大陸からの引揚者を中心に知れ渡るようになっていった。



■伝統
昭和30年代中頃の鉄鍋(下)。この鍋で5~6人前が焼けた。餃子を焼く熱を逃がさないよう、かなり厚めの鉄板を使っている。
鍋同様に重い蓋を一日に何度も開けて調理していたため、肩を痛めることも多かった。
宇都宮に存在する、最も古い餃子鍋と思われる。




■歴史
開業時の帳簿(上)。ラーメンが一杯30円のこの時代、餃子が一人前50円もした。
当時は餃子がまだ珍しかった頃。餃子の一般化とともに販売数が増えていったことが、この帳簿からわかる。

■足跡
宇都宮みんみん開業当時の赤色のマッチ箱。デザインしたのは、三子の次男。当時の店名は「珉珉」と書かれていた。『珉』という文字には、庶民の宝物といった意味がある。
同じく次男の手によるオレンジ色のマッチ箱。こちらは開店後数年たってからのもの。素材には和紙が使われており、その柔らかな風合いが好評だった。
当時は、この紙一枚一枚をマッチ箱に貼り付けていた。