古谷農産

営業日カレンダー

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

この日は定休日です



SSLとは?

栃木のおいしいコシヒカリ!

栃木県大田原市にある古谷農産では、農薬や化学肥料を使用しない栽培方法で育てています。
家族みんなで協力し、大切に育てた自慢のコシヒカリをどうぞ食べてみてください。
お弁当・おにぎりにした時のお米の味が違います!甘みがありとてもおいしいご飯に仕上がります。

古谷慶一
百年先のために有機農業に取り組む百姓。

古谷明美
百姓を支える良きパートナーであり、最愛の妻。

古谷忠
百年先の農業を守る後継者。

古谷麻由実
直売所と宅配の管理人。古谷忠の妻。

新米の販売時期

新米は9月後半より収穫をし、ご注文されたお客様より順に発送させて頂きます。
注文を受けてから精米し、新鮮な状態でお届け致します。

【新米をおいしく食べるコツ】
新米は水分を吸収しやすいので、いつもより水分量を少なくして炊くとおいしく炊きあがります。

古谷農産全商品

表示方法 :画像あり | 画像なし 表示件数 :20件 |  40件 |  80件
並び替え :新着順 | おすすめ順 | 価格安い順 | 価格高い順

無農薬コシヒカリ(5kg)

無農薬コシヒカリ(5kg)

3,250円(税込)


【28年産】 甘みがありとてもおいしいご飯


無農薬コシヒカリ(2kg)

無農薬コシヒカリ(2kg)

1,300円(税込)


【28年産】 甘みがありとてもおいしいご飯


与一うどちまき

与一うどちまき

2,700円(税込)


筍の皮を開くとふわ~っとうどの香りが広がります


乾麺 与一うどん(太麺)

乾麺 与一うどん(太麺)

1,625円(税込)~


昔なつかしい日本のうどん!冬のお鍋のお供に


乾麺 与一うどん(細麺)

乾麺 与一うどん(細麺)

1,625円(税込)~


小麦本来の味わいが楽しめます!釜揚げうどんに


乾麺 与一うどん(極細麺)

乾麺 与一うどん(極細麺)

1,625円(税込)~


【夏季限定】 夏バテの時、サラッと食べられます


乾麺 極十割そば

乾麺 極十割そば

1,635円(税込)~


自慢の玄蕎麦のみしようした十割の乾麺!


乾麺 うどん・そばセット

乾麺 うどん・そばセット

2,390円(税込)~


【ギフト】 お使い物・お中元・お歳暮におすすめ


乾麺・せんべいセット

乾麺・せんべいセット

1,675円(税込)~


【ギフト】 お使い物・お中元・お歳暮におすすめ


無農薬もち米(3kg)

無農薬もち米(3kg)

2,150円(税込)


<在庫切れ>玄米・精白米・5分づき・7分づきが可能


古代米 黒米(150g)

古代米 黒米(150g)

360円(税込)


ポリフェノールが多く、健康食度UP!


丸麦 大麦(200g)

丸麦 大麦(200g)

310円(税込)


大麦の皮を剥いたもの!お米と炊くとプチプチ食感


米粉(500g)

米粉(500g)

360円(税込)


自慢のコシヒカリを自家製粉したものです。


小麦粉 中力粉(500g)

小麦粉 中力粉(500g)

360円(税込)


与一うどんに使われている粉!ピザの生地にも


小麦粉 強力粉(500g)

小麦粉 強力粉(500g)

360円(税込)


品種はゆめかおり!小麦の香りが強くベーグルなど


そば粉(500g)

そば粉(500g)

620円(税込)


自家製粉し、主に冬製粉! 年越しそばに!


黒豆(200g)

黒豆(200g)

300円(税込)


農薬・化学肥料を不使用!お正月の煮豆に


緑豆(200g)

緑豆(200g)

300円(税込)


昔ながらの在来種!甘みがあり、ひたし豆に最適


大豆(300g)

大豆(300g)

300円(税込)


農薬・化学肥料を不使用! 煮物・豆乳などに


そのまんま煎り大豆(150g)

そのまんま煎り大豆(150g)

520円(税込)


さとういらずを使用!ほんのり甘くシンプルな味わい



前のページ  1 2 次のページ

古谷農産の生産物

生産している主な農作物のこだわりなどをご紹介。

  • 種子消毒は温湯消毒

  • 種蒔きのさい、育苗箱にまく種子の量が慣行栽培の約三分の一

  • 田植えのさい、慣行では2.5葉の稚苗で定植するところ、4,5葉の成苗で定植する

  • 田植えのさい、1本づつ植え、粗植する、(通常70株/坪のところ50株/坪)

【品種】コシヒカリ、ゆうだい21、五百万石、黒米、モチミノリ
【収穫】9月下旬~10月上旬

  • 自家製の発酵糠を20kg/アール散布する

  • 種蒔きの時期を遅らせ、除草対策や収穫時期を梅雨の時期にかぶらないようにする

【品種】サチホゴールデン、ゆめかおり(強力)、イワイノダイチ(中力)
【収穫】6月中旬~6月下旬

  • 通常の人より種蒔きの時期を遅らせ、害虫の発生時期を遅らせる。

  • 中耕2回、培土3回入り除草する

【品種】タチナガハ、さといらず、エンレイ、納豆小粒、黒豆、緑豆
【収穫】10月下旬~11月中旬

  • エコファーマーの規定に基づき栽培

【品種】紫
【収穫】11月下旬~5月上旬

  • 種蒔き前に2,3回耕し、草のない状態でそばを播く

【品種】常陸秋そば
【収穫】11月中旬~11月下旬